時間管理のマトリックス(仕事術)マーケ孔明

時間管理のマトリックス(仕事術)マーケ孔明

特に珍しい情報ではありませんが、仕事術で優先順位を
付ける際にベースになる時間管理のマトリックスがあるので
ご紹介しておきます。

時間管理のマトリックスは、縦軸に「重要度」を、
横軸に「緊急度」を表して、4つのカテゴリに分類する
フレームワークです。

時間マトリックス

上記の表を見ながら説明していきます。

まず、「第1領域」は【重要かつ緊急】なタスクです。

言うまでもなく、何を差し置いても実行するべき内容であり、
よほど常識や仕事内容を理解していない人でない限り、
誰から見ても急いでやるべきタスクであることは一目瞭然です。
次に「第2領域」は【重要だが緊急ではない】タスクです。

この第2領域は、緊急性は低いものの、将来のリターンや
リスク防止のために「今から」取り組むべき内容なので、
実は非常に重要であり、見落とされがちなタスクだと言えます。
次の「第3領域」には【重要ではないが緊急】なタスクが入ります。

シンプルに言えば、重要度は低いが締め切り間近の仕事や、
急に入ってきた緊急性の低い仕事などが該当するでしょう。
最後に「第4領域」は【重要でも、緊急でもない】タスクです。

これは言うまでもなく実行する必要はなく、できれば「やらない
仕事」として区分したい内容だと言えます。
あなたの仕事を、この時間管理のマトリックスに当て嵌めて
優先順位を考えてみましょう。

重要なポイントを2つ

■絶対に「第3領域」より「第2領域」を優先すること。

■「第4領域」はあなたの仕事から排除し、できれば
「第3領域」もやらない

ほぼ例外なく、仕事術の達人たちはこのポイントを

押さえていますし、私もこれを絶対ルールとして仕事をしています。

「でも、会社勤めしていたら仕事は選べないし、
 取引先や上司から指示を受けた仕事をやらない
 わけにはいきません。どうしたら・・・」

おそらく、あなたはこう思われているのではないでしょうか。

たしかに、あなたの置かれている仕事環境や、あなたの立場、
スキル、人間関係などで対策は大きく変わってくるでしょう。

だからこそ、一概に「この仕事術をやるべき」と断言できる
絶対的なものはなく、あなたに合った仕事術を探していくしか
方法はありません。

ぜひ、この【仕事術の達人「マーケ孔明」のブログ】から
あなたに合った仕事術を見つけていただければ幸いです。

メルマガ限定の情報もありますので、ぜひメルマガにも無料登録して下さいね。

無料メルマガ登録はコチラ

koumeisyasin

マーケ孔明

One Response to “時間管理のマトリックス(仕事術)マーケ孔明”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Mr WordPress にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ